芝生を手入れしてもらうならエアレーション施工は欠かせない

植物

土に空気を送って手入れ

草刈り

庭の緑を保つには、綺麗な芝生の存在は欠かせません。芝生が伸びるスピードは早く、定期的な芝刈が必要になります。一般的には芝刈り機で芝を刈る人が多いでしょう。芝刈り機の扱いに慣れている方なら、手入れも行なえますがガーデニング初心者なら時間も手間も掛かる作業になります。場合によっては、草刈りに1日費やすこともあります。仮に芝生を刈れたとしても、芝生が綺麗に育つとは言い難いです。芝は短く刈り込めば良いという植物ではないので、適正な長さを見極めて刈り込んでいかなければなりません。適正な長さは葉の長さを2センチから3センチ残した状態です。この長さをキープすれば、雑草が生えてくることもないので綺麗な緑を保つことができます。

芝を綺麗に刈っているのに、色褪せてきたとお悩みなら、それは土に空気が不足しているせいかもしれません。土中の酸素が不足してくると、植物の育成が遅くなり栄養補給が満足に行なえません。芝生を張って3年は経過したという状況なら、一度プロに依頼してエアレーション施工を行なう方が良いです。エアレーションは芝生に穴を開け、土の中に酸素を送る作業になっています。個人でこの作業を行なうには、手間が掛かります。プロに任せた方がより確実ですしスピーディーに対応してくれます。通気性が良くなると芝が又綺麗に育ち始めるでしょう。手入れの状況によっては、芝を張り替える必要も出てきます。どの様に管理していいか分からない場合には、プロのアドバイスを受けてみると綺麗な庭が保てます。

定期的な管理の必要性

自然

芝刈りは定期的に行なう必要があります。芝が伸びた状態を放置したままだと、育成の妨げになり、芝の色が変色してしまいます。綺麗な状態を保ちたいのであれば、しっかりと管理しましょう。

View Detail

機械や除草剤を使う

鎌とハサミ

様々な方法で芝刈りが行なえます。一般的には、芝刈り機を使用して芝を刈っていきます。この方法だと個人でも行なえますし、業者に依頼すれば手早く完璧に仕上げてくれます。どの様な方法で芝を整えるかは場所によって変わります。

View Detail

作業が楽になる方法

芝刈り機

草むしりは、簡単に見えて重労働な作業です。高齢になってくると、膝の関節痛や腰痛の原因になってしまうので無理は禁物です。綺麗に整えるには簡単なコツがあります。日ごろの手入れで取り入れてみましょう。

View Detail

Copyright© 2016 芝生を手入れしてもらうならエアレーション施工は欠かせない All Rights Reserved.